banner

包茎のありかた


包茎と一言で言っても、さまざまな種類があることを知っていますか?
現代になって、チラシや雑誌の隅などに過激な広告が増え、印象が悪くなっているかもしれませんが、包茎は別に病気ではないのです。
日本人男性の約60%が包茎と言われています。
この中にも、真性包茎やカントン包茎なども含まれていますが、仮性包茎はそこまで気に掛けるほどのものではないのです。
たとえ仮性包茎だったとしても、入浴時に亀頭をきちんと洗って清潔にしておけば、何ら問題はないのです。
日本は銭湯など入浴場を共有することが多いので、他人に見られて恥ずかしいという気持ちがあるかもしれませんが、自分が思っているほどに他人は自分を見ていないのです。
隠そうとしていたり、そのためにそわそわしていると、他人は気になってしまいます。
胸を張って堂々としていれば良いのです。比べてしまうのは人間の特徴です。
パートナーと良好な関係で、温かい家庭も築くことができれば、別に夫のペニスのことについてあまり関心はないのです。
包茎によることで得られるメリットは少ないかもしれませんが、カントン包茎などはすぐに病院に行かなければならないというわけではないのであれば、それが通常などで利点などは聞かないとおもいますす。
それでもなおコンプレックスと思っていて、手術をご所望なのであれば、手術を行う前にいろいろと下調べをして、自分が正しい知識を蓄えなければなりません。その手助けを専門医が手伝ってくれるので、それから手術をしても遅くはないと言えるでしょう。
ありのままの姿、自然体でいることが大切なのです。
そこまで深く考えていないのであれば、ありのままの自分を好きになってくれるパートナーを探したほうがお手軽かもしれませんね。

手術後に満足するか個人差がある


仮性包茎の人は、そこまで悩む必要はありません。
包茎クリニックで手術をすれば快適になるというのも個人差があり、手術後に満足するかということも人による、ということなのです。
仮性包茎を悩みとしているのも、本人のコンプレックスによるものが大きいので、病気を治すというよりも、見た目をどうにかするという目的で利用されるのがほとんどです。
仮性包茎治療の内容は、通常時でも包皮がむげている状態で亀頭が露出しているように包皮を取り除いたりして調節するものです。
この場合に切除という方法をとると、もちろん専門医に手術をしてもらう必要がありますが、自力で包皮をむいだ状態を保っておくと、剥き癖をつけることもできます。
剥き癖をつけるには、入浴時、自慰行為などのシーンで、亀頭を露出した状態を維持するようなことを習慣的にしていくのです。
包皮をむいで亀頭を露出した状態を維持するのを手助けしてくれる包茎矯正リングというものがあり、手術をしないで仮性包茎を治そうとする人の強い味方となります。
輪ゴムなどを代用としてこのグッズの代わりのように使うこともできますが、巻きが強すぎたり、肌に合わない場合は炎症をおこしたり、アレルギー反応がでて大変になってしまうかもしれないので、できるだけ専用のグッズを使うようにしましょう。
このような方法を取って自力で仮性包茎を治そうとして解決できるのなら問題はありませんが、包皮に包まれている状態が長いため、亀頭が大きくならないという悩みを抱えている人もいます。
大きさに悩んでいるのであれば、包皮を切り取るだけでは解決しないので、この場合は専門医に頼んで包茎治療、という形になります。

http://www.multineedles.com/
包茎手術

http://www.mens-chuoh.com/
包茎手術やAGA治療など男性の悩みを専門医が解決|中央クリニック

http://pc.hillsclinic.jp/
包茎手術のことならヒルズタワークリニックで相談をする

http://ksc-m.com/index.html
包茎の治療・手術は福岡の小倉スキンケアクリニック

Copyright(c) 2013 包茎のデメリットと治療 All Rights Reserved.