洗顔でしてはいけないことがいくつかあります。 まず、洗顔料を顔で泡立てるというのは、絶対にしてはいけません。 肌を傷つける原因にもなってしまいますし、十分に汚れを取り除くことができず、洗顔の意味がなくなってしまいます。 同様に、乾燥した肌に洗顔料をつけるというのもダメです。 洗顔料を肌につける前に、必ず水やぬるま湯で濡らして、予め下洗いしてください。 また、どんなに刺激の少ない洗顔料だったとしても、長時間の洗顔は肌にとって逆効果となってしまいますので注意が必要です。 入念に洗顔をしたいという気持ちもわかるのですが、長時間洗顔料を使用して洗顔を行うと、肌から必要な皮脂まで取り除いてしまいます。 必要な皮脂が取り除かれてしまうと、肌バランスが崩れてしまい、肌荒れを起こしてしまったり、乾燥肌になってしまうこともあります。 洗顔は短時間でも正しい洗顔をすれば綺麗に汚れを取り除くことができますので、洗顔料を使用して何分間も念入りに洗顔をするといったことは避けるようにしましょう。 それに、熱いお湯で洗うのも皮脂を必要以上に取り除いてしまいますし、タオルでゴシゴシと水気を拭くのも肌に負担をかけます。 洗顔方法が間違っていると、肌トラブルの原因にもなりますから、正しいやり方で洗顔するようにしてください。